採用の基準を採用管理担当者に聞いてみた

就職活動をした経験のある人であれば、採用基準がどのようになっているのか、疑問に感じることが必ずといっていいほどあります。結局は学歴優先なのではないか、人柄を見ると言いながらかっこいい人、可愛い人が選ばれるのではないかなど、信憑性のあるものないものに限らず、様々な疑問が採用管理担当者などに投げかけられます。採用がどのように行われるのか、そして、その基準はどのように決められているのか、そうしたことを知ることで就職活動、並びに転職活動などにおいてその部分に気をつけて活動していくことができるようになります。それらが自分の魅力を高める、自分の売りをさらに磨くなどの行動にもつながり、今後に必ずや活かされることになるため、知っておくことが大変重要です。

元気そうに見えるかどうかが最初の基準

面接などでよく見られるのは返事がしっかり出来ているか、姿勢や挨拶に不自然さがないか、そして、元気に話ができているかという部分で、これが出来ていなければ、どれだけ大層なことを考えている人でも落とされる可能性が高まります。これらのものは、事前に準備していればだれでも一定のパフォーマンスが出せるものです。それを出せないという時点で、この面接に対する熱意が低いのだと判断されてしまいます。元気そうに見えるかどうかは笑顔やハキハキ答えているか、目線が一定になっているか、熱意をもって話が出来ているかによって変わります。面接は印象が大きなカギを握るため、内容が大したことがなくても、笑顔などが魅力的であれば、採用管理担当者は素直さを見出し、教育していけばなんとかなるだろうと思わせてくれます。

最後は情熱とひたむきさがカギを握る

業界研究や企業研究が優れている人は会社に入ったら自分ならこうするということを語る人がいます。もちろん、そうした人は注目されますが、それを話しても合格する人、そうでない人に分かれます。個の基準となるのは、単に欠点を指摘した人、俺はすごいぞというアピールをしたいだけの人であるか、それとも、この会社で働きたい、そのためにできることならなんでもやりたいという情熱を出せている人かどうかという違いです。会社の弱点などは学生に指摘されなくても採用管理担当者であればわかっています。そのことはどうでもよく、会社をどう変えたいか、戦力になっていくかを具体的に描けており、それでいてどのように成長したいかを真剣に語れるかどうかがカギになります。採用の基準は印象によるものが多く、熱意さえ持ち、それを確実に伝える術さえあれば採用される確率は高まります。

個人情報の対策も万全を期しています。 ホームページ制作会社へ依頼する必要がありませんので、随時採用ページの更新が可能です。 メールでの受付は24時間受付ております。 複数担当者で情報共有ができますので、採用担当者が複数いても問題なく利用していただけます。 職種により異なる応募フォームも設置可能です。 人材紹介会社を複数利用している会社様でもスムーズな利用が可能です! 採用管理のご相談は【リクログ】

Author Avatar
by admin