就職に役立つ採用管理担当者からのアドバイス

企業において新卒採用や中途採用といった活動は会社を継続させるためにも必要な人材を確保するために行うものなのです。採用を行うためには会社の方針や方向性からどのような人材がどれだけ必要なのか決定したうえで採用活動を行うのです。採用活動はスケジュールを立てることからはじまり、人事や総務などで採用管理を行うことから始めることになります。会社が必要とする人材像だけではなく、給料などの基準をきめて求人をだすことが必要になります。就職活動をしている人など求人に応募してきた人に対して、採用管理の担当者は履歴書などの書類をもらいますが、それだけで選考は難しいため基本的に試験や面接を行うことになります。短い時間のなかで判断が必要になるため採用をする側は面接には特に力を入れているのです。

会社が必要とする人材とはどのようなものか

会社にはいろいろな業態があり組織があります。その内容によって求める人材は変わってくることになります。しかしどこの会社でも言えることは今後活躍して欲しい人を採用したいと考えているのです。活躍するというのはどのようなことか、それは会社は利益を生み出して継続しつづけなければなりません。利益を上げるためには付加価値を上げなければなりません。それは商品であったりサービスでもありますが、それを作り出すのは人なのです。きまった作業をするだけならアルバイトといった人でもいいのです。しかし採用管理の担当者はより高い付加価値を生むことができる人材を求めているのです。それは自分で考えて行動に移すことができるという人なのです。考えることなら誰でもできますが、それをまとめ意見し行動に移すことができるという人材が欲しいのです。

採用管理者が面接時に確認するところ

会社の採用管理の担当者が見るところは、求める人材であるかということと、継続性があるかどうかということです。採用管理者は就職する人の立場となって受け答えをしてくることになります。それはこの会社を好きになってくれるのかどうかということがひとつのポイントにもなります。例えば自分の会社のことを質問してどれくらい知識があるのか、やはりよく知っているほうがいいということと関連する情報、知識を持っているほうがいいということになります。採用管理担当者としてはひとつの質問に対してどれだけ会話ができるのか、その想像力、発想力といったことも見ているのです。そして将来性、積極性についても、例えば自分はこの会社でどのようになりたいのかといった質問をしてその内容より判断をすることもあるのです。