合格の基準は採用管理担当者が握っている

採用面接において、最終面接の面接官を務めるのは経営陣であることがほとんどですが、書類選考や筆記などそのすべてを経営陣が立ち会い、責任を持って選ぶケースは限りなく少ないのが現状です。たいていの場合は、採用管理担当者に一任されており、面接官との話し合いの元、どのような学生を採用していくか、その方針が決まります。方針が決まると、それに基づいての面接が行われていきます。そうなれば、若手社員が面接をやろうと、ベテラン社員が担当しようと同じような学生が残り、どんどんふるいにかけられていきます。選考が進めば、採用管理担当者も面接に参加し、直接コントロールをするようになります。いわば、合格の基準は採用管理担当者が握っているといっても過言ではありません。

会社で一緒に働くイメージが湧く人かどうか

採用基準としてよく聞かれるのは、その学生と一緒に働くイメージが湧くかどうかを基準にしているというものです。若手社員などに面接官をやらせる場合、研修が行われることになりますが、論理的思考力などを基準として伝えても、あまりイメージができない人が多くいます。そこで、面接する学生と一緒に働きたいかどうか、いてくれたらどういうイメージになるかということを基準にすることで、面接がやりやすく、質問も的確になります。志望理由などを聞いても、多くの面接官は多少の違和感や、それが実現性に乏しいものであることがわかります。ならば、その面接官が気になったことを聞いてもらい、実際に先輩後輩の関係になることを想像したうえで会話をすることで、イメージが湧くかどうかわかります。

決め手は相手に伝えたいという気持ちがあるかどうか

採用の決め手となるのは、学生が面接官などに対し、これだけ熱意があるということを自分の言葉で伝えられるかというものです。学生の中には暗記してきた設問にはスラスラ答えられるものの、それ以外はしどろもどろという人がいます。しどろもどろになっても、それを自分の言葉で伝えようとする気持ちがあり、なんとか相手に伝わればそれで充分です。仕事において、上司に報告することは山ほどありますが、そのたびに丸暗記し、それを実行するというわけにはいきません。要点を理解し、それを話して、理解してもらえない場合には言葉を変化させるなど、自分なりに考えて話して理解してもらうという作業をしていくことになります。これは面接でも同じであり、それができるかどうかを採用管理担当者は見ています。志望動機や学歴などは関係なく、自分の言葉で話せているか、ここをよく見ており、採用の基準となる場合が多いです。